口内炎とは

口内炎とは、皆さんが想像している通りですが、
口の中の粘膜に起こる炎症を全てまとめて「口内炎」といいます。

口内炎には、実はアフタ性口内炎、ヘルペス性口内炎などいろいろな種類があります。
また、起こる場所によって舌炎、口唇炎などにも分かれます。

一番多く見かけるのはアフタ性口内炎でしょうか。
アフタ性口内炎は、表面が白っぽく窪みがあり、周りが赤い円形または楕円形の潰瘍で、人によっては大きな痛みを伴います。

口内炎は、痛みを伴い、飲食や会話など日常生活に大きく影響を与えるほど不快を感じることもあります。
食事の際などに摂るときに、しみたり、場所によっては、会話などで口を動かす度に痛みを感じ、出血することもあります。

また、辛いのは
他人から見ても「口内炎」だとはわかってもらえないことですね。

ほとんどの口内炎は、1、2週間で自然に治りますが
実際に口内炎ができてしまった人には長い時間となります。

このサイトでは少しでも口内炎の痛みを和らげる方法、口内炎にならないための予防法をお教えしていきます。

タグ:口内炎とは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。